トップページ | [公式]愛媛県ゴルフ協会

トップページ | [公式]愛媛県ゴルフ協会

top_h27.jpg

H30.8
愛媛女子アマ選手権・愛媛女子アマ親善、愛媛県小中学生ゴルフ大会 成績表を掲載しました。
H30.7
豪雨災害の被災に伴い、愛媛シニア選手権決勝(兼・四国シニア選手権2次予選)の開催クラブを宇和島カントリー俱楽部から松山ロイヤルゴルフ俱楽部に変更しましたので、お知らせします。
H30.7
クラブ対抗予選 成績表を掲載しました。

北条カントリー倶楽部

_NowPrinting.jpg丘陵コース。高台にあって眼下に瀬戸内海を見下ろすコース。グリーンは全体に大きめにできている。アウトは1番が3打目から打ち上げて左へゆるく曲がる。7番は長くパーオンが難しい。9番はドッグレッグで 2打の方向を誤ると池に入る。インは景色のよいホールが続き、特に11、12、13番は瀬戸内海を望んでのプレーとなり、その景観は素晴らしい。反面、風の影響も受けやすいので注意が必要だ。

ホームページへLinkIcon

エリエールゴルフクラブ松山

_NowPrinting.jpg丘陵コース。瀬戸内の多島美を眺望することができる高台にあって、全体がゆるやかなアンジュレーションから成っている。各ホールはおおむねフラットに仕上がっているが、ハザードがきいた戦略的なコースである。バンカーやウォーターハザードが攻略ルートを狭めており視覚的に圧迫されても実際のフェアウェイはいずれも広めにとられている。グリーンはベントで、アンジュレーションが大きく神経を使うホールもある。

ホームページへLinkIcon

宇和島カントリー倶楽部

_NowPrinting.jpg山岳コース。ホールの左右どちらかが谷になっており、曲げると苦労するが距離は長いので思い切って飛ばせる。風による影響も大きいので注意が必要。アウトでは5番が距離があり飛距離が必要。インはトリッキーなホールが多く、11・13・18番が谷越え。特に11番は打ち上げでもありプレッシャーがかかる。

ホームページへLinkIcon

滝の宮カントリークラブ

_NowPrinting.jpg丘陵コース。グラスバンカーやグラスクリーク、池などが正確なショットを要求している。特にグラスクリークは飛び過ぎるとはまりやすい。ほとんどのホールがティからグリーンが見え、気楽に攻めがちだが、結構ピリッとした隠し味があるので要注意。台地の上にあるため、空が視野の多くを占め距離カンが狂いやすい。アイアンのクラブ選択は慎重に。

ホームページへLinkIcon

タカガワ新伊予ゴルフ倶楽部

_NowPrinting.jpg緩やかな起伏と自然美に、プレーの戦略性を重ねました。

ホームページへLinkIcon

logo.jpg
【PR】愛媛ゴルファーズクラブ