トップページ | [公式]愛媛県ゴルフ協会

top_h27.jpg

2019.8
愛媛女子アマ選手権・愛媛女子アマ親善 / 愛媛県小中学生ゴルフ大会 成績表を掲載しました。
2019.8
愛媛シニア選手権(兼・四国シニア選手権予選) 最終成績表を掲載しました。
2019.8
愛媛シニア選手権(兼・四国シニア選手権予選) 第1ROUND成績表と第2ROUND組合せ表を掲載しました。

西条ゴルフ倶楽部

_NowPrinting.jpg山岳コース。全体の起伏はあるがホール内では下りになるところが多い。フェアウェイには細かなアンジュレーションがあり、ボールのライに影響を与える。アドレスでの微妙な狂いがミスショットにつながるので慎重に。また、ティとフェアウェイの落差が大きく実際より距離が短く見えて、ショートしやすいので注意。4番は最難ホールで250Y付近が狭い。6・9番は谷越えで、特に9番は130Yの谷でプレッシャーがかかる。

北条カントリー倶楽部

_NowPrinting.jpg丘陵コース。高台にあって眼下に瀬戸内海を見下ろすコース。グリーンは全体に大きめにできている。アウトは1番が3打目から打ち上げて左へゆるく曲がる。7番は長くパーオンが難しい。9番はドッグレッグで 2打の方向を誤ると池に入る。インは景色のよいホールが続き、特に11、12、13番は瀬戸内海を望んでのプレーとなり、その景観は素晴らしい。反面、風の影響も受けやすいので注意が必要だ。

ホームページへLinkIcon

西条ゴルフ倶楽部

_NowPrinting.jpg美しい石鎚山を背景に、加茂川を見下ろしながらプレイする木の都、西条の山岳コース。清らかな加茂川の清流と自然に起状の多いコースになっている。

ホームページへLinkIcon

愛媛ゴルフ倶楽部

_NowPrinting.jpg愛媛ゴルフ倶楽部のある内子町は、穏やかな四国連山を遠くに望み、 緑濃く、水清らかな風光明媚な温暖な地にあり、江戸末期から明治にかけ、 和紙と木蝋の町として隆盛を極めた頃の町並みで有名です。 当倶楽部は、この歴史が息づく護国・八日市の町並みを通り抜けた丘陵地に、 約50万坪、全長10,590ヤード、パー108、27ホールの拡がりを見せています。 当倶楽部建設にあたり、内子町が生んだ゛日本貿易界の先駆者゛であり、 日本ゴルフ界のパイオニアとしても有名な故高畑誠一翁(日商岩井創立者)に発起人代表並びに総合監修を仰ぎました。その高畑翁が余生の全てを賭けて 「ひとつひとつのホールに変化があり、何処に出してもひけをとらないゴルフ場にしたい・・・・・・。」 という情熱を受けて、現代の名匠鈴木正一氏が設計し、昭和50年10月18ホール、そして翌51年10月9ホール、合せて27ホールがオープンしました。 雄大な美しい自然を生かしたフラットでオーソドックスなコースは、 万人のゴルファーに楽しいプレイが出来るよう設計されています。

ホームページへLinkIcon

新居浜カントリー倶楽部

_NowPrinting.jpg丘陵コース。標高は150m程度だが、新居浜市内を一望にする。アウトは、ロングホールは2オンも可能なのだが、4~6番のミドルホールは距離があり、特に4番・6番は飛距離を要求される。ここをいかに乗りきるかがスコアメークのひとつのカギ。インはフェアウェイのうねりのため距離感がつかみにくく、また方向性が要求される。極端に長いホールがないのでアウトよりは攻めやすい。

ホームページへLinkIcon

logo.jpg
【PR】愛媛ゴルファーズクラブ