トップページ | [公式]愛媛県ゴルフ協会

top_h27.jpg

H29.11
愛媛シニア・ミッド・グランド・女子親善 成績表を掲載しました。
H29.11
愛媛チャンピオン 最終成績表を掲載しました。
H29.11
H30年度行事一覧を公開しました。
H29.11
愛媛チャンピオン 第1ROUND成績表と第2ROUND組合せ表を掲載しました。
H29.8
愛媛シニア選手権 決勝(兼・四国シニア選手権2次予選) 最終成績表を掲載しました。
H29.8
愛媛シニア選手権 決勝(兼・四国シニア選手権2次予選) 第1ROUND成績表と第2ROUND組合せ表を掲載しました。

サンセットヒルズカントリークラブ

_NowPrinting.jpgサンセットヒルズC.C.は四国山系の高縄山を背景に、風光明媚な瀬戸内海を眼下に見おろす丘陵地にあり、コースの随所より瀬戸内海が眺望出来る絶好の地形にあります。この恵まれた自然環境のもと、名匠鈴木正一氏が設計し、自然を極力生かしたバリエーション豊かなスタンダードレングスの戦略性の高いコースが誕生しました。1番〈ヒロム〉2番〈ケヤキ〉3番〈カシ〉等コース毎に樹木・花木の植栽が施され、四季折々のゴルフライフが満喫いただけます。

ホームページへLinkIcon

西条ゴルフ倶楽部

_NowPrinting.jpg山岳コース。全体の起伏はあるがホール内では下りになるところが多い。フェアウェイには細かなアンジュレーションがあり、ボールのライに影響を与える。アドレスでの微妙な狂いがミスショットにつながるので慎重に。また、ティとフェアウェイの落差が大きく実際より距離が短く見えて、ショートしやすいので注意。4番は最難ホールで250Y付近が狭い。6・9番は谷越えで、特に9番は130Yの谷でプレッシャーがかかる。

道後ゴルフ倶楽部

_NowPrinting.jpg眼下に築城400年の松山城と松山市街を一望し、瀬戸内海を望むコース。 オープン以降 女子プロトーナメント競技(健勝苑レディス・道後)開催を契機に、コース改造を続け、プレーをより面白くしている。 コースは幅・距離とも十分にあり、ゆったりと思い切って打つことが出来る。またセッティングによっては、スリリングなコースへと変貌しプレーに変化を与える。 市内・道後温泉から最も近いコースで、宿泊・観光にも便利である。

ホームページへLinkIcon

滝の宮カントリークラブ

_NowPrinting.jpg丘陵コース。グラスバンカーやグラスクリーク、池などが正確なショットを要求している。特にグラスクリークは飛び過ぎるとはまりやすい。ほとんどのホールがティからグリーンが見え、気楽に攻めがちだが、結構ピリッとした隠し味があるので要注意。台地の上にあるため、空が視野の多くを占め距離カンが狂いやすい。アイアンのクラブ選択は慎重に。

ホームページへLinkIcon

松山ロイヤルゴルフ倶楽部

_NowPrinting.jpgアウトコースはゆるやかな丘陵地に広がり、フラットでフェアウェイも広く豪快に攻略できるホールが多い。インコースはトリッキーなホールも多く、正確なショットが要求される。全体的に飛距離、ショットの正確さのそれぞれが求められる戦略的なコースといえよう。コースは標高400~600mの位置にあり、夏は涼しく爽快なプレーが楽しめる。

ホームページへLinkIcon

logo.jpg
【PR】愛媛ゴルファーズクラブ